★基本操縦法

ヘリの操縦を超簡単に説明しますと以下の要素があります。

動き    機体部品名称           担当する部分    

上下    コレクティブ・レバー     左手    車でいえばサイドブレーキのようなレバー

前後左右  サイクリック・スティック   右手    JOYスティックのような前後左右、自由なスティック

方位    ラダー            両足        本ソフトではキーボード左手、ジョイスティック右手

 

キーボードの場合

KEY   操作            動き

S     レバー上げ         上昇  (パワー+ 連動)

W     レバー下げ         下降  (パワー− 連動)

A     左足踏み込み        方位左

D     右足踏み込み        方位右

 

↑     サイクリック押し      機首下げ  (速度+)

↓     サイクリック引き      機首上げ  (速度−)

→     サイクリック右       右にロール (傾く)

←     サイクリック左       左にロール (傾く)

ところが1つの操作が全体の動きに微妙に関係します。

例1

機首下げをしますと前進速度は増加しますが上昇成分が減少し、上昇速度が減少します。

機首上げでは逆に前進速度は減少しますが、上昇速度が増加します。

つまり水平飛行で速度を増加させるには、左手でレバーを引き、右手でスティックを押します。

逆に速度を減少させるには、左手でレバーを押し、右手でスティックを引きます。

 

例2

左手でレバーを上げますとローターの効力が増加し、機体が右に振られますので、左足を踏み込むラダーの調整が必要です。

逆にレバーを下げますと、右足を踏み込むラダーの調整が必要です。

 

例3

スティックを左右動かしロールしますと上昇成分が減少しますので、上昇率を変化させたくない場合は

左手でレバーを引く必要があります。

またスティックを傾けたほうに、ラダーも踏み込む必要があります。

右に傾けたら、右足ふみこむ、左は逆に左足を踏み込む。

これは特に重要

スティックを左右に傾けたままでいると、機体はどんどん傾きます。傾きをその時点で止めるには

スティックを中立に戻します。中立にしても、水平に戻るわけではありません。

水平にするには、逆側にスティックを倒し、水平になる手前でスティックを中立にします。

なぜ手前かといいますと操作に対して、やや遅れて、機体が反応するからです。

これはほとんど全部の操作にいえます。

実際のフライトでは、風、地形、荷重、その他もろもろ影響しますので、非常に繊細な乗り物です。

 

しかし、本機体はEasy Heliですので簡単にしてありますのでどなたでも操縦可能です。

とにかく離陸したい方は、Yキーを一度押した後、Sキーを数回押してください。

高度を見て4,5ft、さらに上昇率を0になるようにします。

このとき速度も0ですのでホバリング状態です。

ようするに空中に静止しています。

この状態からSと↑を同時に数回押してください。

機体は上昇し、前進するはずです。

 

着陸はWキーで下降するとともに↓↑キーで速度を調整します。

地面に接近するにつれて速度も落としていきますが

100ft/60mph、50ft/30mph位を目安にしてください。

目標地点の4,5ft上で速度0、上昇率0(ホバリング)が理想的です。

後はWキーでゆっくり着陸します。

このとき速度が速すぎたりすると事故になります。


 

★menu

File

         終了 ESC

         ビデオカード       ビデオカード情報表示

         ハイスコア         ハイスコア情報表示

 

描画オプション(あまりいじる事はありません、参考程度)

         フラットシェーディング Ctrl+F

         ワイヤフレーム        Ctrl+W

 

マップファイル

         開く (地面のテキスチャファイルを開く) Ctrl+M

 

目標設定

         開く (目標設定ダイアログを開く) Ctrl+T

 

ファンクションキー                          ジョイスティック

F7                 ビュー切り替え パイロットから見た感じ        視点ハット0

SHIFT+F7 ビュー切り替え 機体後方から見た感じ         1(トリガ)ボタン+視点ハット0

F6                 ビュー切り替え パイロットが左を見る         視点ハット左

SHIFT+F6 ビュー切り替え 機体左側面から見た感じ        1(トリガ)ボタン+視点ハット左

F8                 ビュー切り替え パイロットが右を見る         視点ハット右

SHIFT+F8 ビュー切り替え 機体右側面から見た感じ        1(トリガ)ボタン+視点ハット右

 

特にロールしている場合姿勢がわかりにくいのでSHIFT+F7が有効です。(本当は反則ですが。。。)

 

ファンクション F7

 

ファンクション SHIFT+F7

 

 

 

ファンクション SHIFT+F8    SHIFT+F6は逆サイド

 

 

 

★本機体操縦法

 

KEY  操縦                      ジョイスティック

Y  スタート                     2 ボタン

S  レバー上げ    上昇  (パワー+ 連動)   スライダー(スロットル)を引く

W  レバー下げ    下降  (パワー− 連動)   スライダー(スロットル)を倒す(*1スタート前に倒しておく)

A  左足踏み込み   方位左             スティックを左にひねる (*2対応しない場合は3ボタン)

D  右足踏み込み   方位右             スティックを右にひねる (*2対応しない場合は4ボタン)

 

↑  サイクリック押し 機首下げ  (速度+)     スティックを前に倒す

↓  サイクリック引き 機首上げ  (速度−)     スティックを引く

→  サイクリック右  右にロール (傾く)      スティックを右に倒す

←  サイクリック左  左にロール (傾く)      スティックを左に倒す

 

*1最大奥に倒している状態が0です。スライダーの極性を変えるには

 joydata.iniファイルの2行目 0 を 1 に変えてください。最大奥に引いている状態が0になります。

*2ジョイスティックのひねり動作を3,4ボタンに変えるには

 joydata.iniファイルの1行目 0 を 1 に変えてください。

*3ジョイスティックがある場合でもキーボード入力にしたい場合 Kキーをおしてください。

 

再度注意しますがロールした場合は必ず中立に戻してください。

キーボードでは操作が困難なため

SHIFT+← または SHIFT+→ でサイクリック左右を中立にします。

 

数値キーでは

→     

←     

↑     

↓     

SHIFT+←

が代用できます。

 

視点ハット等対応していない機種はキーボードと併用して下さい。

 

★着陸時判定基準

着陸した場合技術を判定しますが現バージョンでは以下の5点です

 

1 ビルに衝突しない

2 着陸地点が目標ヘリポートに近い

3 着陸姿勢が良い(速度が0に近い 上昇率が0に近い)

4 時間がかかり過ぎない

5 15m以下の低空で速度をあげすぎない、15m〜70mで速度を落としすぎない。

★画面上部の計器 (実機とは違い簡略してあります)

左から

Col Pos   コレクティブの位置 赤が0位置

Rud Pos  ラダーの位置    赤が0位置

Cyc Pos  サイクリックの位置 赤が0位置

AirSpeed   対気速度

Alt    高度

Climb Rate 上昇率 −の場合は下降を表す (1分間にどのくらい上下するかの意味)

 

目標ヘリポート 

←、→ で 選択します 選択されたものは赤の四角で囲まれます。

 

右端のグリッド  現在位置で、矢印は方向を表す (グリッドからはみ出さないように操縦してください)

目標のヘリポート位置が表示されます。

 

スピーカアイコン

     音声ON

   音声OFF

ブレード音、 衝突クラッシュ音が流れます

キーボード上部の 1 、 2 キーで ON、OFFになります。 (音声出力機能がある場合)

 

★計器の単位切り替え

unit.iniファイルを書き換えてください。

1行目  対気速度   0:mph  (マイル)  1:Kt/h (ノット) 2:Km/h (キロ)

2行目  高度     0:ft  (フィート) 1:m     (メートル)

3行目  上昇率    0:ft  (フィート) 1:m    (メートル)

 

★マップファイル

あらかじめ付属ソフトjpgTOmiu を 起動し jpgファイルからmiuファイル(Easy Heli専用ファイル)に変換してください。

サイズは256X256以上必須です。

できれば1024X1024位 あるといいのですが、、、本機体は軍用ですのですぐに画像の端までいっちゃいます。

ディスク容量を気にしなければ もっと大きなサイズを推奨します。


目標設定ダイアログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

難易度

難易度が高いほど障害のビル数が増えます

 

ヘリポート位置の設定

ヘリポート位置座標を入力します

奥 が 北  +

手前が 南  −

右が  東  +

左が  西  −

に相当します。

飛行領域が±10000mですので ±8000m 以内で入力してください

ゲームスタート時の座標(赤いヘリポート)が(0,0)です。

 

空白の場合は未設定とみなし そのヘリポートは選択できません

 

位置のクリアボタンでは 一気に空白にします。

その場合は着陸判定もせずに フリーフライトになります。

 

 

★動作条件

OS Windows98 SE、Windows 2000、Windows XP

DirectX9 以上 必須     

メモリ    128M以上搭載

ディスク容量 10M以上の空き

システムDLL  Microsoft  mfc42.dll、msvcrt.dll (インストールされていなければsetup時にインストール)

 

 

★アンインストール方法 (Windows基本方法)

コントロールパネルからアプリケーションの追加、削除選択

 

Easy Heli2.0をクリックし、削除

 

★ビデオカードについて

Ver2.0からDirectx9.0必須になりました

 ビデオカードがあるにもかかわらず動作が以上に遅い場合ドライバがDirectx9.0に対応していない場合

 があります。ファイルメニューからビデオカードを選択してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上から2番目の Render DeviceがD3DDEDTYPE_REFの場合

ハードウエアが機能していません。

その場合ドライバを最新のものに更新することにより Directx9.0に対応する場合があります。

この例はS3社のProSavageDDRの場合です。

ドライバ更新後 D3DDEDTYPE_HALになり

ハードウエアが機能します。

通常ボードメーカのダウンロードぺージから入手できます。